日工テクニカルサービス株式会社はお客様のベストパートナーです
WAN/LANトータルサービス
ベストパートナーとしてのトータルサポート

業務の改善や進化に伴い、社内ネットワークは不断の見直しが求められます。特に昨今は、クラウド化やスマートフォン・BYODの拡大、サイバー攻撃なども相まって、ネットワークの重要性が増加しています。

そのような中、万が一ネットワークが停止したら・・・  日常業務停止に留まらず、経営上の致命的リスクともなりかねません。システム部門にはまさに許されざる事態です。

一方、限られたヒューマンリソースや予算の中で、社内ネットワークを適正に改善・構築・運用していくことが大変厳しいのも、また現実ではないでしょうか。従って、経営改善と同時に事業継続性を担保するためには、より質の高いパートナーとの連携が必要となります。

日工テクニカルサービスでは、オリジナルなVPNサービスを基盤として、長年のインテグレーション・ヘルプデスク・サポートサービスのノウハウも蓄積。御社のネットワーク環境に関する課題に対しても、幅広いご提案が可能です。

御社のベストパートナーとして、ネットワーク環境のライフサイクルをトータルでサポート致します。

WAN/LANトータルサービスは、ベストパートナーとしてのトータルサポート
ご提供サービス
WAN/LANトータルサービスの要件定義・設計
要件定義

御社のネットワーク環境全体をリニューアルする場合、事業環境や業務拡大方針、利用形態や予算規模などを理解し、情報システム化計画との連動性も踏まえながら、様々な側面でネットワーク利用計画を検討し、策定致します。想定される業務量や可用性、ネットワーク機能やセキュリティ要件などを詳細に検討致します。

また、個別のシステム・ネットワークについて検討する際は、どのようなアプリケーション・サービスを構築するかを理解し、求められる性能基準や冗長性などについて御社と連携して細かく検討。各種条件(設計ポリシー)をブレイクダウンしていきます。

設計

求められる要件に従って、具体的なネットワーク構成を設計。トポロジーや帯域、割り当てアドレスや二重化方式などを細かく検討します。

その結果をふまえ、バックボーン回線(VPN)やアクセス回線、スイッチング機器・セキュリティ機器などの選定や、構築スケジュールの策定などを実施。ご要望によっては、御社の社屋・設備の現場調査や配線設計なども、フレキシブルに実施致します。

また同時に、運用時の保守・監視体制や業務フローも設計。弊社の豊富なノウハウを活かし、迅速なトラブル対応や事業継続に求められる施策をビルトインしていきます。

WAN/LANトータルサービスの構築
構築

設計結果にもとづいて、実際のネットワークを構築し、実装を行います。

回線や機器の手配・調達・設置、スイッチング装置などへのコンフィグ設定やインストールを実施し、疎通確認や切替確認など様々な試験を行います。

同時に、運用時を想定した各種故障対応オペレーションをリハーサル。問題発生時に迅速な対応ができるか事前に入念なチェックを行い、お客様へご安心できる状態で引き渡し致します。

WAN/LANトータルサービスの保守(ヘルプデスク)WAN/LANトータルサービスの監視
保守・監視

通常時の設定変更依頼や、万が一のトラブル発生時の対応は、弊社のヘルプデスクが一元的に受付。弊社では24時間365日の有人ヘルプデスクを運営しておりますので、深夜のトラブルにも対応が可能です。

オンサイト保守はもちろん、機器類の故障時に予備機をお届けするセンドバック対応も実施。弊社の強みである充実したサポートサービスをご活用いただくことで、ミッション・クリティカルな業務にも耐えうる安心安定の運用を実現できます。

ヘルプデスクサービス

お客様導入事例

更に、収集された各種データをもとに、今後のネットワーク改善につながる各種レポート・提案などを実施致し、ライフサイクル全般をPDCAでサポートして参ります。

フルマネージドVPNサービス「Clovernet」

Clovernet は、法人向けバックボーン、低コストかつ広帯域のアクセス回線、レンタルVPN(Virtual Private Network) ルータによってイントラネットを構成するマネージドVPNサービスです。

24時間365日の監視・保守、IPSecによる強固なセキュリティ、マルチキャリアによる冗長化対応など、ビジネス用途において重要な安心面も含めてワンストップフルサポートします。

企業のネットワークは本来、企業活動における目的の達成や課題を解決するために必要なもの。

その目的や課題に対して、総合的な視点で最適なネットワークのカタチを提案できることが、Clovernet 最大の強みです。

セキュリティ関連商品(UTM=統合脅威管理アプライアンス)

近年はサイバー攻撃の手法が多様化・高度化し、ニュースで深刻な被害が伝えられる機会が増しています。日本年金機構のケースでも分かるとおり、旧来型の対応では済まなくなってきているのです。

更にマイナンバー制度の運用が始れば、民間企業内でも従業員のマイナンバー情報を厳格に管理する必要が生じますので、サイバー攻撃や情報漏えいへの対応力はこれまで以上に求められます。

このような状況下、装置1台を導入するだけでセキュリティ機能を高められる「UTM(統合脅威管理アプライアンス)」が今大きく注目されています。日工テクニカルサービスでは、機能豊富なSAXA製品を取り扱っています。是非、この機会にご検討下さい。

UTM商品詳細へ

「Clovernet」はNECネクサソリューションズ株式会社のサービスです。
「SAXA」はサクサホールディングス株式会社の商標です。

PAGE TOP